家族でする釣りが一番楽しい!!

お父さん一人で没頭する釣りではなくて、家族みんなで楽しめる釣りを紹介するサイトです。家族が仲良くなる釣りばかりです。

家族で楽しめる釣り

アジ釣り

2016/07/31

e6bc30f83422682fe0908869d7f5fd94_s

 

子供が小学校高学年くらいになったら、
アジのサビキ釣りに挑戦してみましょう。

アジが釣れているという情報を
釣具屋さんで確認してから釣り場に行った方が無難です。

子供は魚が釣れないと退屈してしまいます。

この釣りも廃価竿のセットでよく、
サビキ釣りの仕掛けとアミエビ用のカゴを付けることができれば、
あとはカゴにエサのアミエビを入れるだけで釣れるので簡単です。

だから、釣の入門コースとして人気があります。

ただし、アジのサビキ釣りは初心者向けと考えていたら、
痛い思いをするかもしれません。

この釣りは慣れている人はどんどん釣ってしまうし、
ダメな人は全く駄目なのです。

先ほど、廃価釣り竿セットでいいと書きましたが、
何をやっていても釣れる場所(日本海に多い)限定の話です。

長い竿でないとポイントに届かなかったりする場所もあります。

また、潮位変化が大きい太平洋側は、
アジがエサを食わない時間帯(だいたいは真昼)があったり、
釣れる時間帯があったり(朝か夕方)します。

雨の後で食い渋って釣れなかったりもします。

 

隣の人が居たりして、
サビキの種類が違うとアジの釣れる量に差がついたりします。

普通は白かピンク色の紙きれのようなハゲ皮に部があります。

毛バリのように糸が巻きつけられているものは
イナダやカマスなど別の魚用です。

また、値段が高く透明なスキンなどが売られていて、
一見、釣れそうに見えたりしてしまいます。

釣れる仕掛けに値段は関係ありません。
むしろシンプルな方が安くてよく釣れる場合が多いです。

ちなみに、針のサイズは、
5センチ~10センチくらいのアジで4号、
10センチ~20センチで5号、

それ以上の場合、
6~8号で25センチ以上が釣れている場合は
幹糸4号くらいの強度がないときれいしまいます。

 

この釣りを家族で楽しむには、
お父さんは釣れた魚を針から外すことに専念し、
子供やお母さんに釣竿を持たせてあげて、
アジを釣らせることが大切です。

お父さんばかり釣っていても、
見ているお母さんや子供は退屈してしまうのです。

また、バケツなどに海水を入れ、
そこに釣れたアジを入れて泳がせておくと、
子供は興味深々で魚の泳ぐ姿を見ます。

突っついたりもします。

まずはアジを釣らないとダメなのですが、
釣れる場合は、家族が退屈しないように
気を配らないといけないのがアジのサビキ釣りです。

お父さんにしてみれば家族サービス、
質種の仕事のようなものです。
だけど、釣れたら晩御飯はアジのから揚げが楽しめます。

釣りの腕に自信が出てきたら、
家族サービスできるかどうか、
試してみてはいかがですか。

ちなみに、私の場合、
最近、エギングにはまっていて、家族はほったからかしです。

息子にエギング初心者向けにわかりやすいサイトを教えたので、
興味を持ってくれることを期待しています。

息子とイカ釣りっていうのも悪くないですね(笑)

-家族で楽しめる釣り