家族でする釣りが一番楽しい!!

お父さん一人で没頭する釣りではなくて、家族みんなで楽しめる釣りを紹介するサイトです。家族が仲良くなる釣りばかりです。

家族で楽しめる釣り

ハゼ釣り

dabd97ea832c71c7a5092dd5c45da0b1_s

 

4歳から小学校低学年の小さい子供は
頭が大きくバランスが悪いので、
堤防などに連れて行くと
海から落ちてしまいそうでハラハラしますよね。

実際に、
落ちてしまい亡くなってしまったという事件が
数年前に起きています。

せっかくの楽しい釣りが、
一気に悲報に変わる瞬間です。

そこで、私は、絶対、落ちない釣りを考えました。

こう見えても2児の父ですから…。

河口が砂浜になっている川や
流量が少なく汽水域が深くない川は
物理的に落ちることができません。

また、
落下防止のため柵が設置されている川は、
かなり安全になります。
ハゼ釣りは、実は簡単です。
夏の終わりごろから秋にかけて、
汽水域にハゼが集まってきます。

これを投げ釣りで狙います。
あまり遠くに投げる必要がなく、
場所によっては、足元で釣れたりするので、
小さい子供でも釣れます。

また、小さなマゴチやヒラメなども釣れたりするので、
奥が深いというか、退屈しない釣りでもあります。
だけどハゼごときで、
あんまり竿にお金をかけたくないですよね。

大型釣具店で売られている廃価釣りセットで十分です。

オモリはフロート天秤10号程度、
針はキス用2~3本針仕掛け(針は7号~9号)で、
エサは青虫、アオイソメ、ゴカイ、スナゴカイなどです。

はっきり言ってキス釣りと同じです。

本当に小さい子供が釣りをするときは1本針です。

子供は、3本も針があると、絶対、仕掛けをグチャグチャにしてくれます。

こういうのだけは期待を裏切りません。

ウキ釣りになってくると、ちょっと家族では…と思います。
また関東の屋形船になってくると、
宴会がメインで、これまた家族では、ちょっと…なのではと思います。

 

釣れるハゼのサイズは5~10センチ程度です。

この釣れたハゼは現地でテンプラや唐揚げにして食べちゃいます。
カセット・コンロを使用したガスコンロなどが必要になりますが、
家族で楽しむためには、必須アイテムでしょう。

パラソルなどがあると気分が出ますね。

ただ、唐揚げに使用した油は川に流さないでください。

水質汚濁防止法違反で
消防署や警察に捕まってしまいます。

実際に捕まった人が居ます。

また河口の汽水域では、
夏に草が生えている場合が多いので、
草刈り用の鎌を用意していった方がいい場所もあります。

 

ハゼ釣りのコツは、川底の石に針をひっかけない事です。

このため、事前に釣行しようとする川について
釣具屋さんで情報を得ておくのも良いです。

 

ちなみにハゼは、
年魚(その年に生まれてその年に死んでしまう魚)と言われていますが、
富山県や石川県では、越冬する強者のハゼもいるみたいです。
私の最高記録は23センチです。

マゴチの子供かなと思ったのですが、
よーく見たらハゼでした。

あまり大きくてもうれしくなかったです。
しっかり、リリースしました。

-家族で楽しめる釣り